暮らしをエンジョイ
不動産 A safe life

情報化社会になった現在では、不動産会社に行かなくてもたくさんの物件情報を得られるようになりました。必要がない時は、煩わしいほどです。
不動産業界は情報の取り扱いが業務の中心になり、ありとあらゆる手段で情報を提供しております。不動産を探す場合には、物件情報の提供を受けるわけですが、その中心となる広告の見方を知っているかどうかによって、結果が大きく異なります。では、その内容を説明します。

不動産 注意1折込チラシ

週末にもなると新聞に不動産の広告が多数折り込まれています。その折込チラシは、一枚に物件を数多く掲載している集合(連合)チラシと一枚に一つの物件を掲載している単独チラシに分かれます。前者が量で後者が質に重きを置いて配布します。
どちらも広告ですから、不動産を販売するという目的には変わりません。しかし、販売の手法は違います。
前者は、多種多様の物件を掲載することにより数多くのお客様を集めることを目標としています。よって、チラシの中身は目にした人が興味を持つ物件が多いものの、実際には良くない物件も数多く掲載しています。とにかく問い合わせをしてもらい、その後違う物件を紹介するという流れになります。
後者は、物件そのものを売ろうという意識が高く、詳細情報を載せて、物件に強い興味を持つお客様を探します。この場合、一物件あたりの広告費が高くなるため、近隣エリアに限定して配布し近隣からの反響を待つことになるのですが、不動産を購入する人は近所に居るケースが多いので、これでも成り立ちます。

不動産 注意2情報誌

近頃は無料で配布したり、地域限定版を創刊したりと情報誌の種類は増えてきました。チラシと違い多数の不動産会社より情報が掲載されているので、広範囲で探す場合や、複数の物件を比較するのには役立つものの、製作日数から情報の速報性に欠けます。

不動産 注意3インターネット

広告費の費用と対効果の関係から、どの不動産会社でも力を入れており、各不動産会社独自に行っているものから、不動産情報サイトまでたくさんの情報を得られます。
情報を絞り込んで探したり、自宅に居ながら時間を気にせず探せたり、広範囲に探せるなど、購入希望者にとってとても便利になっています。内容も以前から売り出されている物件から最新の物件まで網羅されており情報量も多く、画像や地図なども含め質も充実しております。
このように情報の質量とも充実しておりますが、あまりにも情報が多いため、漠然と探していると何が何だか分からず迷ってしまいます。しっかりと希望の優先順位などを持つことが大切になります。
また、簡単に問い合わせが出来るため、多数の不動産会社に声をかけることになりがちですので注意が必要です。

recommend

かっこいいミリタリーファッションをご提案いたします。

ミリタリー

人気のヴィヴィアンなどのブランドアイテムをご提供いたします。

イルビゾンテの財布をお探しなら

世界の調味料を購入できるお店です。

タイ食材

リラックス効果、癒し効果をお楽しみください。

観葉植物 レンタル 東京

大人も子供も大満足のツアーをご用意しています。

沖縄 シュノーケリング

Last update:2014/10/30

 

Copyright(c) 2008. All About, Inc. All rights reserved.